クリアネオパール 口コミ

クリアネオパールの口コミ

クリアネオパール

 

嫌な汗のニオイや体臭対策グッズとして、超人気商品の『クリアネオ』シリーズから
女性の脇やデリケートゾーンなどの悩みに特化したボディソープ『クリアネオパール』が新発売となりました!

 

 クリアネオパールクリアネオパールの購入は公式サイトからできます

 

クリアネオパールはは、女性が抱える特有のニオイや黒ずみ対策だけではなく、
美肌&高保湿サポート成分が豊富です。

 

まさに女性の為に誕生したボディソープとなっています。

 

クリアネオパールの特徴

クリアネオパール

 

・GLITTER1月号で保湿力No1ボディーソープとして紹介されております!

 

・定期便は初回購入のみで解約可能で、購入回数の縛りはないのでご安心くださいね。

 

・クリアネオパールの商品価格は1本定期2,980円(税込)、2本定期5,390円(税込)と安価な価格設定となっていてお買い得感を感じると思います。
 ※1本定期は送料660円、2本定期は送料無料。

 

・定期便では毎月女子力UPアイテムが無料プレゼントされます。これは本当にうれしいサービスですね♪

 

・クリアネオパールには洗浄成分5種、植物性保湿成分10種、保湿アプローチ成分8種、その他保湿成分6種配合されています!

 

優しく洗うだけでなく、お風呂上がりの保湿ケアが不要なほどの高保湿感を維持するのがクリアネオパールの特徴です!

 

更にビタミンBも配合されており、女性らしい美肌へ導きます!

 

↓クリアネオパールの公式サイトはこちら↓

 

クリアネオパール

 

クリアネオパールを使った私の体験談・感想

 

脇のしたのワキガとすそわきがって実は臭いは同じ系統です。
でも、デリケートゾーンは一層蒸れることが多く、たり雑菌が繁殖しやすい環境となっています。
匂いのレベルの上なんですね。私もクリアネオパールを購入し毎日使っていたよころ、
まったく気にならないレベルにまで匂いが改善しました。
また私は、全身脱毛をしたのですが、その脱毛した部分の黒ずみが結構目だってしまい、
はっきりいって脱毛しないで毛で隠れていたほうがよかったなと思いました。
でもクリアネオパールは匂いだけでなく黒ずみにまでアプローチしてくれるので、黒ずみが使っていtるうちに
薄くなってきて本当に購入してよかったなあと思っています。

 

クリアネオパールの配合成分について

 

クリアネオパールの特徴は、なんといってもお肌に優しい植物性保湿成分が10種類も贅沢に配合されていることです。
成分表を見ていただくとわかりますが、原価だけでもかなりコストがかかっていそうですね。

 

クリアネオパールの全成分一覧

 

以下の成分が配合されています。

 

■全成分表

水、カリ石ケン素地、ラウラミドプロピルアミンオキシド、プロパンジオール、コカミドDEA、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na、ジステアリン酸PEG−150、ポリクオタニウム−10、ラウリン酸、アスタキサンチン、ユビキノン、ヒトオリゴペプチド−1(ヒト遺伝子組換オリゴペプチド−1)、白金、パルミチン酸レチノール、シロキクラゲ多糖体、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、セラミドNP、セラミドNG、セラミドEOP、セラミドAP、セラミド5、グルタチオン、ポリクオタニウム−51、酢酸トコフェロール、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビル、チャ葉エキス(白茶)、コメヌカエキス、マグワ根皮エキス、ハトムギ種子エキス、グリチルリチン酸2K、没食子酸エピガロカテキン又はチャカテキン、トウモロコシエキス、グルコシルヘスペリジン、カキタンニン、ナタマメ種子エキス、セイヨウハッカ葉エキス、ビルベリー葉エキス、、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、セージ葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、キュウリ果実エキス、カニナバラ果実エキス、チャ葉エキス、ダイズ種子エキス、イザヨイバラエキス、アロエフェロックス葉エキス、シャクヤク根エキス、クマザサエキス、ベニバナ花エキス、ドクダミエキス、アルブチン、、エタノール、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、、ダイズステロール(又はフィトステロールズ)、リノレン酸、リノール酸、コーン油、ダイズ油、水添レシチン、レシチン、ポリソルベート80、乳酸Na、香料、フェノキシエタノール、カプリリルグリコール、1,2−ヘキサンジオール、シメン-5-オール

 

クリアネオパールの成分表を見てみますと、できるだけ低刺激の防腐剤を使用し、化学物質は必要最小限に抑えていますね。
またお肌に優しい植物性天然成分だけでなく、プラセンタや水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸など女性が好む
保湿アプローチ成分をふんだんに配合しています。

 

 クリアネオパールクリアネオオパールの購入は公式サイトからできます

 

 

デリケートゾーンの悩みについて徹底解説

 

ここで多くの女性が悩んでいるとされるデリケートゾーンの匂いやトラブルについて解説していきます。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因

 

デリケートゾーンのかゆみなどの悩みは、他の人には相談しにくいですよね?「もしかしたら、何かの病気かも?」と不安になる方も多いと思いますが、その原因は、生理の時にナプキンでムレたりかぶれたりします。でも、それ以外にもいくつか原因が考えられるので、陰部がかゆくなる原因と、その対処法について解説します。

 

デリケートゾーンは、下着などで締め付けられやすい部分で、さらに、生理中に付けるナプキンによって、かゆみが起きます。最近のナプキンは、吸収性に大変優れているので、汚れを感じず、取り替える回数が減る事が多いのも原因となっています。

 

見た目だけでナプキンが汚れていなくても、こもった湿気などによって雑菌が繁殖しやすくなっています。そのため、ナプキンはこまめに交換したり、ウォッシュレットを使用したりして、デリケートゾーンを常に清潔に保つことが大切です。

 

また、疲れていたりストレスがたまっていたりすると、体の抵抗力が低下して、かゆみやかぶれが起こる可能性があります。糖尿病などの病気や妊娠中で、抗生物質を服用している人も、デリケートゾーンにかゆみが起こる場合もあります。

 

そのほかにも、デリケートゾーンのかゆみの原因には、カンジタ菌や大腸菌、ブドウ球菌などの感染や、トリコモナス膣炎や尖圭コンジローマなどの病気などがあります。陰部の痛みが激しくなったり、皮膚がただれたりした場合は、早めに婦人科で相談しましょう。

 

デリケートゾーンのトラブル

 

デリケートゾーン(外陰部)は、大陰唇、小陰唇、陰核(クリトリス)、膣口などの「外性器」と呼ばれる部分を指します。この部分はとても複雑な形状になっており、角質層も薄いので、さまざまなトラブルが起こりやすくなります。多くの女性が経験したことのある“かゆみ”などの軽い症状から、“がん”などの深刻な病気まで、トラブルの程度もさまざまです。

 

デリケートゾーンのトラブルの中で多いかゆみの原因には、次のようなことが考えられます。まず、下着やパンティライナー、下着などによるかぶれです。この場合、雑菌の繁殖を防ぐために、ナプキンなどをこまめに交換したり、通気性の良い下着にしたりすることで、対処することができます。

 

「膣炎」もデリケートゾーンのトラブルで多い病気です。膣炎とは、膣内に細菌やかびが感染して、炎症が起きている状態です。菌には、カンジタ、大腸菌、トリコモナスなどがあります。カンジタは、健康な人にでも存在する常在菌ですが、ストレスや疲れによって免疫力が落ちると増殖し、炎症を起こすことがあります。治療は、座薬や内服薬、外用薬などが用いられます。

 

痛みを感じるトラブルとしては、「性器ヘルペス」があります。外陰部に水泡や潰瘍ができ、水泡がつぶれると激しい痛みを伴います。治療は、抗ウイルス剤による、内服薬や外服薬、点滴などを用います。

 

原因がわからない外陰部のかゆみは「外陰掻痒症(がいいんそうようしょう)」と総称して呼ばれます。この場合、抗ヒスタミンや副腎皮質が配合されたクリームが使われます。

 

また、バルトリン腺のう胞やバルトリン腺炎、外陰がん、尖圭コンジローマなどのトラブルは、外科的な治療が必要となることがあります。

 

デリケートゾーンのかゆみを抑える方法

 

デリケートゾーンのかゆみは、とても不快ですよね?生理中にナプキンを着用していると、かゆみを我慢できずつい掻いてしまいませんか?デリケートゾーンを掻いてしまうと、かゆみが強くなったり傷ついてしまったりするので、絶対にやめましょう。どうしてもかゆさが我慢できない場合は、デリケートゾーン専用の薬を塗ったり、ぬるめのシャワーなどで冷やすしたりすると、かゆみが軽減します。このように、生理中のかゆみを抑える方法がいくつかあるので紹介します。

 

ぬるめのシャワーで冷やす時は、石鹸を使わずに優しくゆっくりと洗い流しましょう。汗をかいた時はこまめにシャワーを浴びることで、清潔を保てるので、かゆみが出ることもなくなるでしょう。この時に、石鹸やボディソープを使ってゴシゴシと洗ってはいけません。

 

陰部などに最適なデリケートゾーン用石鹸、クリアネオパールを利用するのを推奨します。

 

膣内には、常在菌として良い菌が存在しています。この常駐菌は必要な菌で悪い雑菌から守ってくれているのです。

 

ですから、強い石鹸などで洗いすぎてしまいますと良い菌が減ってしまいます。

 

そうすると、悪い菌が増えて症状を悪化させてしまうのです。

 

外出先では、デリケートゾーンを清潔に保つために、温水シャワー便座を利用しましょう。利用できない場合は、ノンアルコールタイプの低刺激性ボディシートなどを使うと良いです。最近では、デリケートゾーン専用のコスメも多数販売されているので、それらを使うと刺激が少なくて安心です。

 

かゆみが我慢できない時に、陰部用の市販薬を塗る方法もあります。

 

オロナイン軟膏など殺菌成分が配合されているので、かゆみやかぶれはある程度対処できます。

 

しかし症状によっては効果が得られない場合があります。ただ、自己判断で薬を塗ったり、間違った対処法を行って、症状を悪化させたり、病気の発見が遅れたりすることもあります。かゆみがおさまらなかったり、病気が心配だったりするようなら、早めに病院を受診した方が安心です。

 

 

生理中のデリケートゾーンのかゆみ対策

 

生理中のデリケートゾーンのかゆみを起こさないようにするためには、こまめにナプキンを取り替えることが大切です。

 

学校や職場だと、交換したい時にトイレになかなか行けない時も多いのではないではないでしょうか。

 

ナプキンに長時間経血が付いたままにしておきますと、体温や蒸気でムレたり、たまった経血や汗で雑菌の温床になったりしてしまいます。

 

これは陰部のにおいの原因のひとつです。

 

ナプキンは、2時間に1回は交換するようにしましょう。経血が少なくなってきても、ナプキンに少量でも経血がついていれば、それが乾燥してかぶれを起こす原因となります。そのため、経血の量に関係なく交換しましょう。

 

ナプキンでかぶれやすい人は、「布ナプキン」がおすすめです。布ナプキンのことは知っているけど、「漏れそう」「洗濯が大変そう」など、ちょっと抵抗があるという人の方が多いかもしれません。でも、機能性に優れており、使ってみるととても快適です。

 

布ナプキンは、いろいろなタイプがあり、使い方はそれぞれの説明書をよく読んでください。1日3〜5枚交換するタイプが多く、布の織り方が特殊なので漏れの心配もありません。洗濯の仕方は、セスキ炭酸ソーダなどで浸け置き洗いすると、経血もきれいに落ちます。

 

生理中のデリケートゾーンのかゆみの対処法を知って、日頃から心がけて、生理中でも快適に過ごせるようにしましょう。清潔を保つように気をつけていても、かゆみが治まらない場合は、病気かもしれません。「かゆいだけだから大丈夫」と自己判断でそのままにすると、不妊症になったり、病気を悪化させたりしてしまいます。婦人科へ行くのに抵抗がある、という方も多いようですが、最近では、ホテルのようにおしゃれで綺麗な婦人科の病院もたくさんあるので、調べてみると良いでしょう。

 

「カンジダ膣炎」とは?

 

デリケートゾーンにかゆみや痛みがある場合は、さまざまな原因が考えられますが、「カンジダ膣炎」という病気かもしれません。カンジタは、女性の膣の中にもともと存在する常在菌で、普段はおとなしい菌ですが、体の抵抗力が落ちた時などに増殖して悪さを始め、カンジタ膣炎を発症するのです。この病気は、女性の5人に1人がかかるとも言われているので、よく知っておく必要があります。

 

カンジタ菌は、真菌=カビの仲間で、膣だけでなく、皮膚や口内、腸などにも生育しています。通常、症状はありませんが、何らかの原因によって増殖し、デリケートゾーンがかゆくなったり、おりものに異常が現れたりして、カンジタ膣炎を発症することがあるのです。

 

カンジタ膣炎は薬で完治しますが、再発しやすい病気で、完治した人の半分が再発を経験しています。また、薬を使用しなくても、自然に治ることもあります。膣内には、「デーデルライン桿菌」という常在菌が存在して、乳酸を作り出しているので、膣の中を酸性に保ち、細菌の感染を防いでくれています。この作用のことを「自浄作用」と言います。

 

ところが、この自浄作用が低下したり、菌が増殖して自浄作用が追いつかなくなったりすると、症状が現れてくるのです。症状が続いたり、再発を何度も繰り返したりすると、子宮内膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎といった感染症を発症することもあるので、病院で正しい治療を行うことが大切です。

 

「カンジタ膣炎」の症状

 

「カンジタ膣炎」を発症すると、どのような症状が現れるのでしょうか?ここでは、カンジタ膣炎の症状について取り上げます。デリケートゾーンに違和感がある方は確認してみてください。

 

この病気の特徴的な症状の1つは、デリケートゾーンの激しいかゆみです。でも、この部分はとてもデリケートなので、かゆくて強くかいてしまうと、皮膚が傷つきやすく、炎症を起こすことになります。ただ、人によって、かゆみが少ないこともあるので、おりものを日頃から見るようにして、ポロポロとした白い塊のあるおりものが出ていないか確認しましょう。

 

カンジタ膣炎で炎症を起こしている時は、性交時の挿入で痛みを感じることがあります。また、ストレスや疲労によって抵抗力が落ち、膣の入り口あたりに痛みを感じることもあります。

 

また、カンジタ膣炎になると、おりものの量が増えることが多く、ヨーグルト状の白いおりものが出ます。その他にも、カッテージチーズや酒粕のような白い塊状のおりものも注意が必要なので、いつもおりものの状態をチェックするようにしましょう。

 

カンジタ膣炎を発症している際のおりものは、白色なのが一般的です。しかし、黄色っぽくてニオイの強いおりものの場合は「トリコモナス膣炎」、黄緑色の膿状で悪臭がするおりものの場合は「淋病」という病気の可能性もあります。

 

さらに、カンジタ膣炎を発症すると痛みも伴います。デリケートゾーンが焼けるような痛さを感じたり、腫れて赤くなったりする症状が起こります。

 

「カンジタ膣炎」の原因

 

 

「カンジタ膣炎」という病気は、何が原因で発症するのでしょうか?原因をよく知って、正しい対処法で予防したり改善したりしましょう。

 

カンジタ膣炎を発症する原因は、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。生理の前後や妊娠中など、ホルモンのバランスが乱れると、膣の自浄作用が正しく作用しなくなり、カンジタ菌が増殖することがあるのです。

 

健康な状態では、膣内の常在菌のバランスが整っており、カンジタ菌が増殖することはありません。しかし、ストレスや疲れによって体力がが低下すると、膣の自浄作用が正常に働かず、カンジタ菌が増殖して、カンジタ膣炎の発症につながるのです。

 

免疫力の低下も膣の自浄作用に影響し、カンジタ菌が増えてカンジタ膣炎を引き起こす原因になります。そして、デリケートゾーンのかゆみやおりものに異常が現れたりするのです。

 

また、男性がコンドームを使用せずに、カンジタ膣炎を発症している女性と性行為をすると、男性にもカンジタ膣炎が感染することもあります。女性の膣内の雑菌が男性に移って、陰茎炎や尿道炎を引き起こすのです。女性も性行為によって膣内が傷ついて、炎症がひどくなってしまうことがあります。

 

なお、男性側にカンジタ菌が存在すると、女性側に再びうつることもあります。このように、性交渉によって、お互いに移したり移されたりすることを「ピンポン感染」と言います。でも、しっかりとコンドームを着用することで、ピンポン感染は防ぐことができます。デリケートゾーンのことは恥ずかしいかもしれませんが、お互いを守るためにも、パートナーとちゃんと病気のことを話し合うことが大切です。

 

「カンジタ膣炎」の予防法

 

「カンジタ膣炎」は、デリケートゾーンの病気で、女性なら誰でもかかる可能性がありますが、正しい予防法を行えば、防ぐことができる病気です。それでは、カンジタ膣炎の予防法を紹介します。

 

カンジタ菌は、温度や湿度が高いと繁殖しやすくなるので、できるだけ乾燥した状態にしておくのが重要ですね。そのため、下着は綿製品などの通気性の良い生地のものを選びましょう。入浴の後は、デリケートゾーンを十分に乾かすのが大切です。プールに入った後も、できるだけ早く水着を脱いで、タオルで優しく拭き着替えましょう。

 

タイツやストッキングはムレやすいので、着用を避けた方が良いです。また、ナプキンやパンティライナーなどを使用している場合は、ムレやすく衛生状態も悪くなりがちなので、清潔を保つためにこまめに取り替えましょう。

 

膣の中は、常在菌の乳酸菌などによって、雑菌に感染しないように防いでいます。そのため、膣内を清潔にしようと洗い過ぎるのは逆効果で、自浄作用が弱まって雑菌が入りやすくなってしまいます。

 

また、カンジタ膣炎を発症している場合は、デリケートゾーンを洗う時に石鹸を使わずお湯だけでサッと洗いましょう。なお、家族への感染を避けるためにも、同じタオルを使わないようにしましょう。

 

カンジタ膣炎は、体調の少しの変化で、誰にでも起こり得る病気です。そのため、疲労やストレスをためないように工夫したり、睡眠を十分とったりして、規則正しい生活を送るように心がけることも、カンジタ膣炎の予防につながります。

 

 

「性器ヘルペス」とは?

 

女性のデリケートゾーンは、さまざまなことが原因でトラブルを起こしたり、病気にかかったりしてしまいます。デリケートゾーンの異変は、自然と治ることが多いですが、病気のサインである場合があります。ここでは、性的接触によって感染する病気“性感染症”で、もっとも一般的な病気の1つ「性器ヘルペス」について取り上げます。

 

性器ヘルペスは性的な接触でウイルスが感染し、水ぶくれが性器やお尻のあたりにできる病気です。原因となる「単純ヘルペスウイルス」は、1型と2型があって、下半身にヘルペスの症状が出る場合は2型になります。このウイルスは、初めて感染したのちに免疫ができても、外傷や体力が落ちた時など何らかの刺激を受けると、再発してしまうのが特徴です。

 

日本での性器ヘルペスの患者数は、年間推定7万2千人で、男女とも性的活動が活発な20代以降の人が多いですが、女性の患者数が多く女性がかかりやすい病気と言えます。また、感染していても自覚症状がない場合が多く、病気に気づかないまま性行為をして、感染が広がるケースがあるのも問題となっています。

 

初めて性器ヘルペスにかかると、ウイルスに感染してから潜伏期を4〜10日おいて発症します。最初の症状は、38℃以上の高熱が出ることもありますし、感染した部位には水ぶくれができます。やがてそれがつぶれて、ただれたような病変がたくさんできます。女性の場合、排尿ができないほど痛くなってしまう場合も多いようです。。さらにそのまま放置すると、症状はさらにひどくなるので、早めに病院を受診しましょう。

 

「性器ヘルペス」の原因

 

「性器ヘルペス」は、性交渉といった性的な接触によって感染するデリケートゾーンの病気です。日常生活で感染する原因や、どのように感染するのか、うつりやすいタイミングなどについて説明します。性器ヘルペスに感染しない、感染させないために、しっかりと予防しましょう。

 

性器ヘルペスの初感染は、性行為が主な原因で、風邪のように空気感染することはありません。性交渉の相手が性器ヘルペスを発症していて感染したと考えられます。健康な人でも、非常に小さな皮膚や粘膜にできた傷からもうつることがあるのです。また、相手に症状がなく気づいていなくても、うつる可能性もあります。

 

性行為でなくても、口唇ヘルペスがオーラルセックスによって性器にうつったり、自分にできた口唇ヘルペスを手で触り、そのまま性器を触れたりすると性器ヘルペスを発症するケースもあります。また、タオルや洋式便座などにウイルスがついていてうつる場合もあります。

 

免疫力が低下している時や、ストレスや疲労がたまっている時、局部を損傷している時などは、再発することもあります。また、お酒を飲み過ぎたり、強い紫外線を浴びたり、セックスで皮膚の摩擦があったりした場合も注意が必要です。

 

デリケートゾーンの病気の多くは、コンドームをしっかり付けることで予防することができます。しかし、性器ヘルペスの場合は、コンドームで覆われていない部分にウイルスがいれば、そこを触れることで感染してしまいます。そのため、必ず防げるという予防法はないのです。大事なことは、性器ヘルペスの症状のある人と性行為をしない、患部を触らない、触った場合は石鹸でよく手を洗う、不特定の人と性行為をしない、などを十分に守りましょう。

 

「性器ヘルペス」の治療について

 

デリケートゾーンの病気の可能性があっても、病院に行くのに抵抗がある、恥ずかしい、などの理由で、治療が遅れて悪化してしまうことがよくあります。でも、どんな病気でも同じですが、治療を始めるのが早いほど、スムーズに治療を進めることができ、改善も早まります。あらかじめ病院のことや検査の仕方、治療方法などを知っておき、デリケートゾーンに不快感があったら、すぐに病院を受診しましょう。

 

「性器ヘルペス」で受診するのなら、一般的に、女性は婦人科、男性は泌尿器科へ、また、皮膚科や性病科でも良いです。診察は、主に視診と検査を行い、局所部分にできた水ぶくれや、それが破れて潰瘍となったところからウイルスを採取して調べます。また、採血による抗体検査で、初感染なのか再発したのかも調べます。

 

潜伏感染の性器ヘルペスは完治が難しいですが、病院では抗ウイルス薬でウイルスの増殖を抑制する治療を行います。抗ウイルス薬は、症状の出ている部分や程度によって、飲み薬と塗り薬を使い分けます。また、ビタミン剤や抗生物質などを併用することもあります。

 

治療費は、病院によって保険が適用されるかは異なります。適用されない場合、診察料は3千円〜5千円、検査代は2千円〜1万円、薬代が3千円〜が目安です。保険が適用される場合は、この3割負担になります。

 

性器ヘルペスはかかりやすい病気なので、診察はすぐに終わります。2〜3週間で自然に治ることもありますが、重症化したり他の病気であったりする可能性もあるので、早めに医療機関を受診することが大切です。

 

「トリコモナス膣炎」とは?

 

デリケートゾーンの病気には、「トリコモナス膣炎」という病気もあります。カンジタやクラミジアなどの性感染症と比べるとあまり聞いたことがないかもしれませんが、感染して放置すると不妊症の原因になる可能性のある病気です。トリコモナス膣炎についてよく知って、感染の疑いがある時は、すぐに病院を受診しましょう。

 

トリコモナス膣炎は、「トリコモナス原虫」という生物が膣の中で増殖することで起こる性感染症です。膣の中にトリコモナス原虫が入ると、粘膜上に寄生します。女性の膣の表面はグリコーゲンによって自浄作用がありますが、トリコモナス原虫はそのグリコーゲンをエサにして増殖してしまうので、膣内のバランスを保つ常在菌の活動を抑制し、炎症を起こすのです。

 

トリコモナス膣炎は、基本的に、性行為によって感染します。しかし、トリコモナス原虫は体外に出ても水分のある場所ならば少しの間生存することができるので、お風呂場やトイレ、プール、温泉施設など、水が多くある場所でも感染する可能性があります。つまり、性行為をしていなくても、感染してしまうということです。

 

トリコモナス原虫に感染すると、5日〜1ヶ月で発症し、膣の中で炎症を起こします。特徴的な症状は、おりものが黄色や淡い灰色で泡立った状態になり、悪臭を発します。また、デリケートゾーンに痛みや腫れ、ただれが現れたり、排尿時や性交時に痛んだりすることもあります。人によって症状の強さが違うので、トリコモナス膣炎かどうかわかりにくいですが、おりものが
いつもと違ったり、かゆみや痛みを感じたりしたら早めに病院で検査を受けましょう。

 

「トリコモナス膣炎」の治療

 

デリケートゾーンの病気「トリコモナス膣炎」は、おりものの状態や膣壁の腫れなどを検査して、感染しているか調べます。感染が疑われる場合は、直接、膣分泌物からトリコモナス原虫がいるかを調べます。また、トリコモナス膣炎と診断された場合、パートナーも検査する必要があります。なぜなら、パートナーもトリコモナス膣炎を感染している可能性があるので、どちらも治療を受けないと、再び感染してしまうことがあるからです。

 

トリコモナス膣炎の治療方法は、基本的に薬物療法で、トリコモナス原虫の増殖を抑える抗原虫薬「メトロニダゾール」や「チニダゾール」が処方されます。口から服用する「経口薬」と、膣の中に入れる「膣錠」の2つ種類が処方されます。なお、妊娠12週未満の方の経口投与は禁忌になっており膣錠を用いるので、妊娠の可能性がある場合は必ずそのことを医師に伝えてください。

 

トリコモナス膣炎は、治療をきちんと受ければ治る病気です。ただし、薬によって症状が良くなったと思っても、原虫が膣内に残っていることもあるので、症状が治まったからと勝手に薬を止めてしまうと、トリコモナス膣炎が再び発症してしまうこともあります。そのため、自己判断は絶対にしないで、医師から指示された期間は薬をしっかり服用する必要があるのです。

 

また、デリケートゾーンのことなので、恥ずかしいなどの理由で病院に行かない人もいると思いますが、トリコモナス膣炎を放置すると、不妊症の原因にもなります。大切な自分の体とパートナーのためにも、しっかり治療をしましょう。

 

「子宮頸がん」について

 

デリケートゾーンが臭う、という経験をしたことはありませんか?女性は、おりものなどによってデリケートゾーンは臭いやすくなります。おりもののニオイが酸っぱい感じのものなら、問題はないでしょう。なぜなら、膣の機能が正常だと、膣の中の善玉菌である“乳酸菌”がきちんと作用している証拠だからです。

 

しかし、普段とは違うきついニオイがしたり、急にニオイが変わったりした場合は、病気になっている可能性もあります。そのまま放置すると、大変なことになってしまうこともあるので、おりものの変化で疑われる子宮の病気について取り上げます。

 

「子宮頸がん」は、子宮の入り口にできるガンです。原因となるのは「ヒトパピローマウイルス(HPV)」という、80%の女性が感染したことのあるポピュラーなウイルスです。性交渉によって感染しますが、ほとんどの場合、子宮頸がんに発展することはありません。

 

しかし、子宮頸がんに進行する人は1,000人に1〜2人と言われているので、油断してはいけません。子宮頸がんに進行すると、おりものに悪臭を伴い、生理ではない時に不正出血が起きたり、血便や血尿が出たり、頻尿や身体のだるさに悩まされたりします。

 

治療法は、子宮頸がんの進行の程度によってさまざまです。初期の段階なら手術して経過観察し、ある程度進行している場合は、痛みを緩和するなどを目的にした治療を行うこともあります。

 

子宮頸がんの原因となるHPVは、感染しやすいウイルスです。しかし、感染した初期段階では、なかなか症状が現れにくいので、検診を定期的に受けることで予防することが大切です。また、子宮頸がんのリスクを高める要因として“喫煙”があるので、禁煙をできるだけ心がけるのも予防法となります。

 

「子宮内膜炎」について

 

デリケートゾーンに異変を感じたら、病気のサインかもしれません。ここでは、デリケートゾーンに症状が現れる病気として「子宮内膜炎」について紹介します。

 

子宮内膜炎は、子宮内膜に淋菌やクラミジア、大腸菌、ブドウ球菌、結核菌などの病原菌が感染し、炎症を引き起こす病気です。また、出産後に発症しやすいと言われています。さらに、子宮内膜炎に慢性的にかかると不妊につながることもあります。

 

子宮内膜炎によるデリケートゾーンの症状としては、おりもののニオイが強くなり黄色い膿状のものが多く出たり、不正出血がおりものに混ざったりします。ほかにも、発熱や腰痛、下腹部の痛みなどの症状が現れることもあります。

 

子宮内膜炎は、子宮頸部や血液、リンパ液、腹腔などを経由して入ってきた細菌が、子宮内膜へ感染することが原因なので、血液検査などを行って原因菌を特定し、抗生物質や外用薬を用いて治療します。重症化した場合は、点滴によって抗生物質を投与することもあります。

 

細菌の感染を予防するには、清潔を保つことが大切なのですが、デリケートゾーンを洗いすぎたり、間違ったやり方で膣内洗浄をしたりすると、逆効果になるので気をつけましょう。また、性感染症が原因になることもあるので、性交渉の際は、コンドームなどの避妊具をしっかり準備して正しい方法で着用しましょう。

 

なお、「子宮内膜炎」と「子宮内膜症」は、全く別の病気です。子宮内膜症は、子宮の中にしかない子宮内膜が、子宮以外の卵管や卵巣などの別の場所にできてしまう病気のことです。

 

デリケートゾーンのニオイでわかる内臓の病気

 

デリケートゾーンのニオイは、デリケートゾーンの異変や子宮の病気以外に、内臓機能が低下したことが原因で起こることもあります。

 

腎臓機能が低下した場合、体内の解毒機能も低下するので、アンモニアが正常に分解できなくなり、残ったアンモニアは汗として排出されます。それが陰部にたまると、ムレやすく汗もかきやすいので、デリケートゾーンにアンモニアのニオイが強くなるのです。また、尿の色が赤みを帯びたり濁ったり、泡立ったり、トイレが近くなったり遠くなったりすることがあります。体のむくみや血圧の上昇といった症状も現れます。

 

腎臓機能の低下の治療は、塩分やタンパク質、カリウム、水分などを抑える食事療法が行われます。また、薬物療法が行われたり、重症の場合は人工透析が行われたりすることもあります。腎臓の病気は、自分ではなかなか気づきにくいので、定期的に健康診断を受けることで予防することができます。

 

肝臓が不調の場合も、ニオイの症状を現れます。肝臓が不調になると、体内の有害物質を解毒する機能が低下し、体の中にさまざまなニオイの物質をためることになります。このニオイ物質が体中を巡り、カビやドブのような悪臭になるのです。また、発熱や吐き気、体のだるさ、食欲不振など風邪によく似た症状が起こったり、皮膚や白目が黄色くなる「黄疸」が出たり、お酒が弱くなったりすることもあります。

 

肝臓の不調の治療法は、軽度ならお酒を控えたり食事療法を行ったりして改善させます。予防法としては、暴飲暴食をしないように心がけ、定期的に検診を受けることが大切です。

 

このほかにも、胃腸や肺などの不調でも、デリケートゾーンのニオイの原因となることがあります。

 

「淋病」について

 

デリケートゾーンに症状が現れる病気「淋病」について紹介します。

 

淋病は、淋菌が原因で発症する性感染症で、性行為などによって粘膜に感染します。その感染率は約30%ということで、とてもかかりやすい病気で、さらに、クラミジアにも同時に感染していることも多いです。一時期は感染者が減っていましたが、1990年代から増加傾向にあります。

 

淋病は、感染してから数時間から数日で、性器や喉、眼、直腸などに発症しますが、多くの場合で自覚症状がないようです。

 

女性の場合は、膣から子宮のあたりのデリケートゾーンに炎症を起こし、おりものが増加したり悪臭を伴ったりする人もいますが、約80%の人が自覚症状をもたないようです。そのため、感染を放置して、感染が体内にまで拡大して、不妊や子宮外妊娠の原因となることもあります。

 

また、妊娠中に感染した場合は、出産時に赤ちゃんに感染してしまいます。この場合、赤ちゃんの両目に影響を与え、すぐに治療を行わないと失明してしまう危険性もあります。

 

男性の場合も自覚症状のないことがありますが、尿道に感染して排尿時に激しい痛みがしたり膿が出たりすることがあります。放置すると痛みがなくなることもありますが、体内には菌が残っているので、どんどん菌が広がり、生殖器の炎症を引き起こすことになります。そして、無精子症につながることもあります。

 

淋病は、抗生物質の服用によって治療が行われ、治療期間は数日〜2週間です。ただ、症状が治まったからといって、抗生物質の服用を途中でやめてしまうと、再び症状が現れることがあるので、必ず、決められた期間は服用しましょう。

 

性病検査は病院?保健所?

 

「デリケートゾーンの様子がおかしい」と感じたり、「あの人は性病かもしれない」と知ってしまったりしたら、もしかして自分も病気に感染しているかもしれない、と不安になりますよね?ずっと不安な状態のまま毎日を過ごすのは辛いので、病気に感染していないかしっかりと検査を受けることが大切です。性病の検査を受ける方法は3つあります。

 

まず思いつく方法が病院での検査でしょう。性病の検査を行っているのは、産婦人科、泌尿器科、皮膚科、小児科などです。費用は、検査料と初診料、診察代がかかり、症状のない段階では保険が適用されないこともあるようです。

 

病院での検査のメリットは、性病にもし感染していた場合は、そのまま治療を受けることができることです。デメリットは、費用がかかってしまうことと、待ち時間がかかったり、予約をとる必要があったりすることです。

 

性病検査は、全国の保健所でも行われています。費用は基本的に無料ですし、名前を告げずに検査を受けることもできます。保健所での性病検査は、主にHIVの検査が行われており、全ての性病の検査ができるわけではありません。また、検査が行われる日時は、保健所によってさまざまですし、受けられる人数にも制限があります。

 

保管所での検査のメリットは、やはり費用が安いころでしょう。デメリットは、検査項目が限られていることや、いつでも検査が受けられるわけではないことです。

 

最近では、「検査キット」を使って、自宅で性病検査ができる方法もあります。検査できる器具を購入して、粘膜の一部や血液を自分で採取し、検査機関へ送るだけです。検査の結果が郵送により通知されます。この方法なら、「デリケートゾーンのことなので、病院へ行くのが恥ずかしい」「誰にも知られたくない」という方に向いています。

 

「検査キット」について

 

性感染症の病気にかかっていないか心配で、性病検査を受けたいけど、忙しくて病院へ行く時間がなかったり、良い病院が近くになかったり、デリケートゾーンのことなので恥ずかしかったりして、病院や保健所で性病検査ができない人もいるでしょう。そのような人におすすめなのが、自宅で検査できる「検査キット」です。

 

検査キットとは、病院や保健所以外で、性病検査を自分でできるキットです。それでは、検査キットについて紹介します。

 

検査キットはインターネットで購入することができます。支払い方法は、クレジットカード払い、代引き、郵便局での現金払いがあります。発送先は、自宅、郵便局、コンビニに指定することができ、梱包の外から検査キットが入っているとはわからないようになっているので、誰にも知られることもありません。

 

血液などのサンプルの採取は、わかりやすく書かれた取り扱い説明書に沿って、専用器具を使って採取します。採取したサンプルを送ると、国から認可を受けている登録保健所で、病院や保健所の検査精度で検査が行われます。検査結果は、郵送やネットで確認することができ、キットを購入してから結果を確認するまで、コールセンターのサポートも利用できるので安心です。

 

性感染症の病気にかかっていても、外見からだけではわかりにくいことが多く、デリケートゾーンに症状もないことがあります。また、1年以上性行為がなかったからというのは、感染に関係はありません。クラミジアの場合は、2回に1回の性行為で感染するほど感染力があります。そのため、パートナーが変わるごとに検査をするのが理想的なのです。

 

デリケートゾーンの洗い方

 

クリアネオパールを利用した正しいデリケートゾーンのケア方法とどうして、専用石鹸を使ったほうが良いのかその理由についてお伝えします。

 

「デリケートゾーンは洗い過ぎると良くない」とはわかっていても、どう洗うのが正しいのか知っている人は少ないでしょう。

 

ずばり言うと、一番やってはいけない洗い方は洗いすぎです。だからクリアネオパールのようにお肌に優しい保湿してくれるタイプの石鹸を利用することがベストなのです。

 

普段から清潔にしている人は、デリケートゾーンの汗やムレも気になって、丁寧に洗いたくなるでしょう。でも、実は、丁寧に洗いすぎると逆にニオイの原因になってしまうのです。私たち人間の体は、皮膚に存在する細菌の種類によってニオイが左右されます。「表皮ブドウ球菌」という菌は、皮膚にとって良い細菌で、皮膚を弱酸性に保つ作用があります。逆に、「黄色ブドウ球菌」や「真菌」は悪い菌で、不快なニオイの原因になります。

 

デリケートゾーンを洗う時に、アルカリ性の石鹸でゴシゴシと洗うと、表皮ブドウ球菌も殺菌されてしまい、真菌などの悪い菌がどんどん増えてニオイを引き起こしてしまいます。デリケートゾーンを洗う際に気をつけてほしいことは、良い菌を保護して、悪い要素となる菌を洗い流すことです。

 

そこで、おすすめしたいのが“デリケートゾーン専用の石鹸”です。これは、天然成分配合で刺激が少なく、泡立ちが良く柔らかい使い心地なので、良い細菌を殺さないように洗うことができます。ただし、デリケートゾーン専用の石鹸を使っても刺激を感じる場合は、石鹸の使用をやめてぬるま湯で優しく洗うようにしましょう。

 

また、シャンプーやボディソープが陰部に残っていることもあり、刺激の原因となることもあります。そのため、すすぐ時は体のすみずみまでしっかりと洗い流しましょう。

 

クリアネオパールは保湿成分がたっぷり入っていて、洗い流した後も、うるおいを感じると思いますので、泡などはしっかりすすぐ必要がありますが、潤い感がなくなるまで、すすぐ必要はありません。

 

デリケートゾーンのニオイがいつもと違うと、「病気かもしれない」と心配になるかもしれませんが、ほとんどの場合が、雑菌が原因になっています。しかし、性感染症の病気や婦人科系の病気の可能性もあります。おりものの量が急激に増えたり、ニオイがとても強かったり、色に異変があったりしたら、病院を受診しましょう。

 

日ごろのケアとしてクリアネオパールを上手に活用して、陰部だけじゃなく脇の下や乳首などの匂いと黒ずみ対策をしていって下さいね。

 

 クリアネオパールクリアネオオパールがおすすめです

 

※クリアアネオパールの販売店は現在、楽天市場やアマゾンなどの大手ショッピングモールから購入することも可能となっていますが、単品販売、もしくは2本販売で
公式サイトにおける定期コースに比べるとずいぶんと割高となってしまいます。

 

クリアネオパールを最安値、お買い得にしかも安心な購入をしたい方は公式サイトからお申し込みしていただくとよいと思いますよ。

 

おすすめお買い物情報

福袋2018おすすめ
人気ブランド福袋の予約情報を更新しています。
あっという間に売り切れとなってしまいますのでお見逃しなく!

 

福袋2018 予約購入できる通販サイト
セシルマクビーやミッシュマッシュなど人気ブランドの各種福袋の予約情報、中身ネタバレ情報をゲットできますよ。

 

新春福袋2018予約情報
2018年のネット購入できる福袋の予約情報をお届けしていきます。
子供服やギャル系、OK系など様々な人気福袋情報を取り揃えています。